Emacs.app に package を追加

久しぶりでごめんなさい。
メモ書かないとものを忘れる…ということで、はまった Emacs.app に追加 package を入れる方法をば。文章を書き慣れるためのトレーニングだったりもしますが…。

Emacs はなんとなく出来るだけ current を使うようにしています。最近の Emacs は Cocoa になっていて、Mac 用バイナリが、 Carbon Emacs Package のように簡単に手に入らないと言うのも一因だったりします。

Emacs の導入に関しては、いつもここを参照しています。ソースは git で取得し、 –with-ns –without-x で configure して、出来た Emacs.app を Applications の下に置けば OK です。

で、Emacs.app は、普通に make install する emacs とは異なり、ライブラリや site-lisp を app の下に持っているものを参照します。そのため、様々なパッケージは、普通に ./configure; make; sudo make install をしただけでは使うことが出来ないようです。なので、 ./configure する際に、それぞれのパスを明示的に指定する必要があります。

今回は、 Mew を Emacs.app に追加してみました。 github から Mew のソースを clone して来るまではいつもの同じなのですが、 ./configure 以降は以下のように行います。

他にも指定するものがあるかもしれませんが、 ./configure して最後に出てくるインストール先リストとしては、これで正しそうです。

他の package に関しても、同様に導入できると思うので、他に欲しいものも試して見たいと思います。

今回のやり方は、こちらのページを参考にしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です